ブラウザが古いバージョンです

ブラウザを更新してください

ブラウザを更新する
詳細はこちら サステナビリティ(持続可能性)

サステナビリティに対する使命

北大西洋および北極海域の海産物の資源量はロイヤルグリーンランドの事業の基礎であると同時に、多くの人々の生活基盤でもあります。

ロイヤルグリーンランドは長年にわたってサステナビリティとCSR(企業の社会的責任)に取り組んでおり、2012年からはより体系的なアプローチを採用しています。 CSR活動では、持続可能な漁業と従業員の育成に重点的に取り組んでいます。

グリーンランドのコミュニティにおいて、ロイヤルグリーンランドは非常に重要な位置付けにあります。 私たちはグリーンランド最大の雇用主であると共に、資源を管理し、従業員およびサプライヤーが働く環境を創出しており、グリーンランドの持続可能な未来づくりに大きな影響力を及ぼしています。

グローバルに事業展開しているロイヤルグリーンランドは、海外拠点をとりまく社会にも影響力を持っています。 責任をもって行動すると同時に、私たちが関わる社会において、プラスの発展に貢献していきたいと考えています。

ロイヤルグリーンランドのサステナビリティ戦略は国連グローバル・コンパクト(UNGC)の10原則を基盤にしていると共に、「社会」「地球環境」「もたらされる利益」に焦点を当てた事業目的と緊密に結びついており、下記2つの基本原則を基盤にしています。

  1.  環境および社会の発展と取組みは、経済的な成長を支援するものでなければならない
  2. ビジネスの成長は、地域社会の環境および社会発展を支援するものでなければならない

CSR(企業の社会的責任)とは、社会、環境、経済のサステナビリティについて最適なバランスを実現することです ― 「社会」「地球環境」「もたらされる利益」。 - ミカエル・ティングハウス(Mikael Thinghuus)/ロイヤルグリーンランドCEO(最高経営責任者)

CSR ポリシー

グリーンランド自治政府の所有企業であるロイヤルグリーンランドは、社会貢献について特別な責任を負っています。 サステナビリティ(持続可能性)は、グリーンランドにおいて特に重要です。なぜなら、ロイヤルグリーンランドはグリーンランドの経済および持続可能な発展において重要かつ不可欠な役割を担っているためです。 このため私たちはCSR活動に真摯に取り組んでいます。

ロイヤルグリーンランドは、

- グリーンランドの社会の発展に貢献し、企業価値を高めます。
- 適切なプロジェクトでパートナーと協力し、新たな機会を発見すると共に目の前の課題の解消に取り組みます。
- 国連グローバル・コンパクトのような世界的に認められている原則を基盤に、系統立てて積極的にCSRへ取り組みます。
- 目標設定、行動計画、実行、評価の原則に従った改善プロセスを通じて成果を出していきます。
- CSRの活動、課題、成果を周知、報告します。

 

関連情報

詳細はこちら 関連資料
...